預貯金は完全に安全といえるのでしょうか?

預貯金には、ペイオフやインフレなどによるリスクもあるんですよ。預貯金の利息は、雀の涙程度です。だから他の方法を知る事も大切なのではないでしょうか?

預貯金は安全なのか?預貯金をしている銀行が破綻したら?

預貯金は、ペイオフという制度により、「1,000万円とその利子」までは補償されています。

ペイオフとは、金融機関が破たんした場合行われる預金者保護の一つで、一人あたり「1,000万円とその利子」を上限に預金を保護する制度です。

 

預貯金は損をしない?

 

考え方は人それぞれではありますが、このようにグローバルな視点で考えると預金の場合、円安になった時点で元本は同じでも、我々に損が生じているのです。 海外旅行になんて行かないから円安なんて関係ない!などと言わないで本当に預金だけでいいのか?しっかり考えてみて欲しいです。

例えば円安になると、生活必需品を輸入に頼っている日本は国際的な購買力が低下して、トウモロコシや小麦・原油などの調達コストが高くなってしまいます。 そして、この輸入コストの増加が商品価格に転嫁されれば、物価の上昇(インフレ)という形でお金の価値が下がってしまうことになります。

預貯金していれば 安心で安全だという事ではないという事です。 1000万円以下の預貯金であれば 日本の銀行で日本円で預貯金していれば 数字上では安全だと言えますが、物価上昇などにより 日本円の価値が下がれば 損をする事にもなるという事です。 だから 預貯金が完全に安全だとわけではないという事になりますね。

預貯金のメリット

リスクが低い

預貯金の最大のメリットは他の投資と比べてリスクは極めて低いということです。仮に銀行が倒産しても元本1,000万円とその利息は保護されるというペイオフ制度があります。 1,000万円を超える資金がある場合は銀行をいくつに分散して預けておけば、大事な資金を安全に保護することができます。

流動性が高くお財布がわりとして使える

普通預金の場合、出し入れ自由なので流動性がたいへん高く、お財布や金庫の代わりに手軽に利用することができます。

預貯金のデメリット

必要な金額を貯めるのに時間がかかる

あまり利息は期待できない

インフレ(物価上昇)はお金の実質的な価値を目減りさせます。

預貯金には、メリットもあるがデメリットもありますし、利息も多くは望めないのに インフレというリスクがあるんですね。

安全で預貯金より効率的な資産運用はないのか?!

安全性が高く、定期預金よりも金利が高めで人気の「個人向け国債」 個人向け国債は基本的に元本割れがありません。(日本の国が財政破たんした場合は、この限りではありません)。

MRFとは、マネーリザーブファンド(Money Reserve Fund)の略で、極めて安全性の高い債券を中心に運用しています。申し込み手数料や解約手数料は一切無料で、かつ、いつでも投資ができますし、おろすこともできます。しかもネット銀行よりも高金利です。

安全性が高く 預貯金より利息が多い効率的な資産運用は、「個人向け国債」と「MRF」

預貯金のインフレリスク回避を考える

インフレ(物価上昇)の事を考えると 少しのリスクがあっても ある程度の運用が必要だと考える方もいると思います。 だから インフレ(物価上昇)リスクを回避する手段を紹介します。

外貨預金のメリット

インフレリスクの回避 いくつかの国の通貨を持っていると、どこかの通貨の価値が下がっても小さな被害でおさえることができます。世界という大きな単位でポートフォリオを作って、リスクを分散していれば、自分のお金をより安全に守ることができます。

東京海上・物価連動国債ファンド

主として日本の物価連動国債に投資します。将来のインフレリスクを回避することにより実質的な資産価値の保全を図りつつ、安定した収益の確保をめざします。

インフレリスク回避の為に投資信託?!

他にも、投資信託や株式投資などでもインフレリスクを回避する事も出来ますので、興味がある方は、学んでみてください。