役立つ資産運用系のアプリ

マネーフォワード

マネーフォワードとは、利用者数が550万人を超えた個人向けの資産管理・家計管理ツール。パソコンからも、スマホからも、もちろんタブレットからも利用することができます。いわゆる、クラウドタイプのサービスですね。

 

https://moneyforward.com/

 

iOS:

https://apps.apple.com/jp/app/%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89-me-%E4%BA%BA%E6%B0%97%E3%81%AE%E5%AE%B6%E8%A8%88%E7%B0%BF-%E3%81%8B%E3%81%91%E3%81%84%E3%81%BC/id594145971

Android:

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.moneyforward.android.app

トラノコ

“トラノコは、日常の買い物で発生するお釣りを自動的に資産運用に回せるサービスです。 「買い物のお釣りをコツコツと貯めて、小さな資金を運用して大きくする。」 これまで資産運用に抵抗があった方も、日常生活の小さなお金からスタートできるので敷居が低いのが特徴です。”

https://toranoko.com/

iOS:

https://apps.apple.com/us/app/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%8E%E3%82%B3-%E3%81%8A%E3%81%A4%E3%82%8A%E3%81%A7%E6%8A%95%E8%B3%87/id1263420211?l=ja&ls=1

 

Android:

https://apps.apple.com/us/app/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%8E%E3%82%B3-%E3%81%8A%E3%81%A4%E3%82%8A%E3%81%A7%E6%8A%95%E8%B3%87/id1263420211?l=ja&ls=1

損切りポイント・利確ポイント一発計算機

投資における損切りラインと利確ラインを自動で計算してくれるアプリです。損切り時と利確時それぞれのパーセントを入力すれば、自動で金額を算出してくれるので正しい売りどきを判断できます。

 

今回紹介したアプリ以外にも、ビットコインの取引ができるアプリや、不動産投資が行えるアプリなど様々な機能を持つものがあるので、自分が行う資産運用方法に合わせたアプリを探してみるのをオススメします。

投資を身近にする資金運用アプリ

便利で使いやすいアプリを利用して投資ができたりと、年々資産運用は身近なものになってきています。 ある程度の資金や知識がないと手が出せないイメージの投資でしたが、お釣りを積立てて投資が出来るアプリの登場で、初心者でも気楽にチャレンジしていけるようになったのではないでしょうか。