役立ちMAXシリーズ「資産運用編」

資産運用

投資信託の種類

色々ありますが、まずはどんなものがあるのかを知る必要があると思います。

①最近人気のREIT(不動産投資)人気の理由は高い毎月配分。

不動産投資信託(REIT) / 投資信託の種類

http://www.toshin-guide.com/syurui/target_reit.html

 

不動産投資信託(REIT)とは、リートとも呼ばれることがある投資信託の一種です。投資の対象を不動産にしたもので、会社型と契約型の二種類にさらに分類することもできますが、日本で上場して販売されている投資信託はすべて会社型となっています。

②安定感の公社債投資信託はリスクを出来るだけ負いたくない方へ

公社債投資信託 / 投資信託の種類

http://www.toshin-guide.com/syurui/target_koshasai.html

 

公社債投資信託とは、投資信託の種類の一つです。公社債投資信託に分類されているファンドは投資できる対象が、債券など比較的安全性の高いものであることが多い。公社債投資と略されることもあります。

③種類が豊富な株式投信は最も一般的

株式投資信託 / 投資信託の種類

http://www.toshin-guide.com/syurui/target_stock.html

株式投資信託とは、投資信託の種類の一つで、ファンドの中で1単位以上でも株式が組み込まれているまたは、組み込むことができる投資信託のことを指します。世の中で流通している多くの種類の投資信託は株式投資信託に分類されることが多いです。

他にも色々ありますが、まずはやってみる事が一番よく分かる!タイミングにもよるが投資した金額が一夜にして0になるなんて事は殆どないと言って良いでしょう。

最近では毎月1,000円から始められる投信積み立てなどもありますが、個人的にお勧めしたいのは10,000円を預けてみる事。 どんなお金の動きになるのか?この疑問を自分のお金で試してみると良いのではないでしょうか。

最近流行りのリートについて

例えばあるリートファンドがあるとします。このファンドは毎月50円の分配金を払うとし(勿論運用状況により分配金は変動があります。)基準価格が5,000円。投資する金額は10,000円です。 この場合毎月配分がいくら支払われるかというと・・・。 10,000円÷基準価格×分配金=100円 となります。

リートファンドはこの分配金の価格が高い物があるので最近では人気があります。 現在の状況だと、超円高なので円安を見越してUSリートを今の内買っているというケースもあるでしょう。 勿論これからさらなる円高になる可能性もありますが。