財務諸表から学ぶ、投資の教養

財務諸表から学ぶ、投資の教養

会社の成績表ともいえる財務諸表には、大きく分けて「損益計算書」「貸借対照表」の2つがあります。見方の基本を押さえていきましょう。

損益計算書

会社の一定期間(1年間、半年間、3カ月間)における経営成績を表したものが「損益計算書」です。決算短信や事業報告書など、さまざまな資料で目にします。会社四季報の「業績」欄に並んでいる数値も、この損益計算書の数値をコンパクトにしたものです。営業利益、経常利益などの会計用語が専門的に感じますが、仕組みがわかればそう難しくはありません。

企業の収益性を理解するための重要な情報なので、大まかな仕組みと一緒に用語も覚えておくと便利です。

図解:損益計算書の仕組み

損益計算書は図解のように売上高からスタートし、さまざまなコストを引いて最終的な純利益を求めていくという流れになっています。ここでは用語と一緒にポイントを説明していきます。

・売上高

営業上の収入を示します。 会社の収益の源として、順調に推移しているかチェックします。

・営業利益

売上高から「充上原価」「販売費及び一般管理費」を差し引いたもの。営業利益の推移を見ることで、「本業の収益が好調かどうか」がわかります。

売上原価とは、販売するモノやサービスを準備するために費やした風材料費や減価償却費(設備の使用料のようなもの)、工場の人件費などのことです。販売費とは、広告宣伝費や販売手数料など。一般管理費は、経営戦略、総務、研究開発など本部機能にかかる費用のことです。

・経常利益

営業利益に営業外利益(受取利息、受取配当金など)を加え、そこから営業外費用、支払利息を差し引いた金額のこと。経常利益は1年間の企業活動の成果であり、収益性が最もよくわかる指標といえます。

・税引き前利益

経常利益から特別利益や特別損失を加減したもの。特別利益(損失)とは本業とは関係のないところで偶発的に生じた損益のことで、「火災により建物が破損して損失が出た」「不動産や株の売却で利益を計上した」などがあります。

・純利益

税引き前利益から法人税を引いた後の最終利益(当期利益)のこと。当期純利益とも言います。

図解:決算短信の損益計算書

貸借対照表

会社のある時点における財務状況を表したものが「貸借対照表」です。貸借対照表は、左側に「資産」をリストアップし、右側に「負債」をリストアップし、その差額として「純資産」を求めるかたちになっています。資産は「資金の使い道(状態)」を示し、負債と純資産は「資金の調達手段」を示しているとたとえることもできます。図解:貸借対照表の構成

・資産の部

資産の部には、現金、預金、株、機械、土地、建物など会社の所有する資産の一覧が記されています。一般的に現金化しやすいものから順に並んでいます。資産の部は「流動資産」「固定資産」の2つに分類されます。

流動資産は、現金·預金、受取手形、売掛金、有価証券、棚卸貨座(在庫)、貸付金などで、主に現金または1年以内に現金化できる質座す。固定資産は、流動資産以外の資産で、主に1年を超える長期にわたって利用し現金や価値を生み出す資産です。土地、建物、機械、営業権、特許権、ソフトウェアなどがあります。

・負債の部

負債は、返済義務のあるもの(銀行からの借入金)、支払い義務があるもの(買掛金)、将来支出が見込まれるもの(引当金)など。負債にも「流動負債」「固定負債」があります。流動負債は主に1年以内に返済または支払いをしなければならない負債で、支払手形や買掛金、未払金、短期借入金などがあります。

固定負債は、主に支払日が1年以上先のもので、社債、長期借入金、退職給付引当金などがあります。

・純資産の部

純資産の部は、株主が投資した資金や企業が蓄積してきた利益が記されています。いろいろな項目がありますが、一般的には「資本金」「資本剰余金」「利益剰余金」がほとんどを占めます。

資本金と資本剰余金は、株主が最初に払い込んだ資金。いわば会社の元手といえるお金です。利益剰余金は、税引き後利益の中から、配当金などとして株主に支払った分を除いて、企業に残ったお金のこと。配当や自社株買いの原資になるものでもあります。

以上のことから、資産 = 負債+純資産となり、表の左右が同じ額になることから、貸借対照表は「バランスシート」ともいわれます。資産と負債では、普通は資産のほうが大きくなります。負債が大きくなっていると「債務超過」といわれ、経営が危うい状況です。バランスシートに債務超過の傾向があることに気づいたら、投資には慎重になったほうがいいでしょう。

債務超過の状態になくても、有利子負債まりに大きい場合は注意が必要です。(銀行からの借り入れ)があまりに大きい場合には注意が必要です。

いかがでしたでしょうか。投資の中でも最もポピュラーな株式投資を学ぶことで、自身の金融リテラシーを大いに高めつつ、資産形成に繋げることができます。資産運用に興味のある方は少額からでもいいので、一歩ずつ無理のない範囲でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

アセットマネジメントカテゴリの最新記事