証券会社システムのノウハウ#1

証券会社システムのノウハウ#1

今回は二部に分けて証券会社と取引所、決済機関システムの裏側をご紹介していきます。

 

証券会社のサービスとシステムの全体像

証券会社では、下表のようなさまざまな業務を行っています。

図解:証券会社の主な業務

これらの業務は、年金基金や投資信託などの機関投資家、大企業を対象とするホールセール業務、個人投資家や中小企業向けのリテール業務という形でも分けられています。システムの構成は、証券の売買や決済に関わる基幹系システム、証券価格や商品情報、顧客情報などを提示する情報系システム、営業員端末やコールセンター、顧客管理システム(CRM)、機関投資家向けの受注システムなどの対顧客システム、官庁や顧客向けの報告システムなどが構築されています。商品·顧客ごとに制度や業務が異なることも多く、1つの業務にシステムが複数構築されている場合もあります。一方、投資銀行業務に関わるシステムは、多くの場合、案件や顧客を管理するシステムが別途構築されています。全体の情報を取りまとめ、リスク管理、コンプライアンス管理、会計を行うシステムも整備されています。これらのシステムは、取引所、清算機関、CSD、決済銀行、情報などを提供する金融ベンダーなどと接続されています。証券会社の要である基幹系システムを中心に説明します。

図解:証券会社のシステムの全体像

|株式売買と取引所のシステム

証券の売買では、直接取引を行うのではなく証券会社を通して行うことが一般的です。これは、取引相手の効率的な探索や、適正な価格での取引(価格発見)を実現する効果があります。取引相手を探すためには、証券取引所に取引を集中させて探す場合と、証券会社が相手先を探し直後取引する場合(相対取引)とがあります。後者の場合、証券会社自体か取引相手となることや証券会社が顧客ニーズに合わせて証券を作り出して販売する場合もあります。 株式の場合は取引所を利用することが多く、投資家が証券会社に売買注文を出し、その注文が適切であれば取引所に注文を取り次ぐ流れになります。注文の際には価格を指定する指値注文と価格を指定せず最適な価格での取引を取引所に依頼する成行注文があります。取引所では注文を集約し、価格発見のためのルールにのっとり売買を付け合わせます(マッチング)。よく利用されているルールは「価格優先の原則」「時間優先の原則」を組み合わせた「価格時間優先の原則」ですが、他のルールが適用される場合もあります。取引所は現在の注文状況を基に、ルールに沿って売買注文の双方をマッチングさせます。これはリアルタイムで行われることが多い(ザラバ)ですが、特定時間まで注文を集めた後マッチングする方式(オークション)も併用されています。マッチングが成立した場合(約定)、注文元の証券会社に結果が通知されます。また、約定結果は次項以降で説明する清算機関にも連捕されます。注文や株価、約定価格などの市場情報は証券会社や金融ベンダーに配信されます。

図解:取引所の処理とシステム

株式の注文と約定のシステム

証券会社での株式の注文受付けでは、投資家は対顧客システムを経田して対象の売買·銘柄·株数などの情報を証券会社に伝えます。証券会社では顧客が保有する株式などのロ座残高(余刀を基に発注可否を判断(与信)し、またインサイダー取引などの法規制についてのチェックも行います(②)。その後、証券取引所にデータ送信するとともに、注文データベースにも登録します(③)。マッチングが成立した場合、取引所から約定を受け取ります(④)。これは証券会社から対顧客システムを経由して営業員や投資家に通知されます。この際、1,000株中100株のみ成立のように、注文の一部のみがマッチングする場合もあるため、注文データベースとの照合も行います。さらに証券会社では手数料や税金を計算の上、投資家の受渡金額などを計算し、証券会社内で利用する約定を作成します(⑤)。顧客口座DBの更新もあわせて行い、余力を把握します。

図解:注文約定処理

取引時間終了後、取引所から証券会社には1日の売買結果が配信されます。自社の約定結果と照合(下図①)し、問題がなければ夜間のバッチ処理にて仕訳処理を行った上で顧客残高を更新します(2)。また、取引報告書などの各種報告書を作成し、報告システムなどで管理します(③)。

図解:取引当日夜間の処理

 

 

【広告】Librus Tech Communityのお知らせ

Librus株式会社が運営する、システムエンジニアやプロジェクトマネージャーの方向けに展開するコミュニティにぜひご参加ください。「互いに助け合い、学び合う空間」をコンセプトに、システム開発に関するセミナーや勉強会をはじめ、案件や転職先のご紹介、相談対応も行います。エンジニア初心者の方や起業、現在フリーランスをされている方、フリーランスを目指している方も大歓迎です。

▼Slackコミュニティ入会フォーム
https://forms.gle/1D5duKwVJhm1vFb18

 

 

フィンテックカテゴリの最新記事