プロジェクトを支える人々とその役割

  • 2020.02.29
  • PM
プロジェクトを支える人々とその役割

今回の記事はプロジェクト周辺で動く組織とその役割についてです。自分がプロジェクトを進めていく際にどのような人々と関わり、協力し合うのかということに焦点を当てていきます。

プロジェクトの周りで動く人々

プロジェクトのステークホルダーとは

プロジェクトは多くのステークホルダーとともに活動します。ステークホルダーとは「プロジェクトの任意の局面に利害関係をもつか、影響を及ぼすか、影響されるか、又は影響されると自覚する人、グループ又は組織」(ISO215002012)です。一般的に日本語では「利害関係者」と呼ばれます。右ページの図はステークホルダーの概要です。皆さんの企業や組織またはプロジェクトではすべてのステークホルダーがプロジェクトに関係していないかもしれません。

しかし、プロジェクトが大きくなればなるほどステークホルダーは増えていきます。ステークホルダーはプロジェクトに対し個別の役割があります。またそれぞれの役割においてプロジェクトへの関心やプロジェクトに与える影響度合いも異なります。さらにステークホルダーは個別の期待や要求事項があります。プロジェクトマネージャは、ステークホルダーマネジメントを通じて、ステークホルダーの役害割、関心·影響、期待や要求事項を調整、対応しながらプロジェクトを推進していくことが求められます。

プロジェクトを支える様々な役割

プロジェクトマネージャ以外で、プロジェクトを支える基本的かつ重要な役割を見てみましょう。まず重要な役割は「プロジェクトスポンサー」です。プロジェクトスポンサーはプロジェクトが企業や組織で正式な活動であることを承認するなど経営的決定をする役割です。また、プロジェクトマネージャの権限を超える問題や課題、対立を解決する役割です。簡単に言えばプロジェクトマネージャの上司のような存在です。

「プロジェクトチーム」は実際に成果物を生み出す活動を遂行する役割です。「プロジェクトマネジメントオフィス(PMO=Project Management Office)」は企業や組織でのプロジェクトマネジメントに対するガバナンス(内部体制管理)、標準化、プロジェクトマネジメント教育、監視など、プロジェクトマネジメントがより円滑かつ高度になるための多彩な活動を遂行する役割です。

また、プロジェクトがお客様に対するプロジェクトであれば、「顧客」もプロプロジェクトが大きくなれば、外部のサプライヤなどがプロジェクトに必要なぐらに、資源を供給する重要な役割となります。企業や組織内のプロジェクトが数多く運営されている場合、これらプロジェクトの内部統制管理を行う役割としてプロジェクト運営委員会または役員会が設置されている企業や組織もあります。

このように、プロジェクトが大きくなり複雑化するにつれて様々なステークホルダーが様々な役割でプロジェクトに関与します。

プロジェクトの環境 プログラム?ポートフォリオ?

皆さんが所属する企業や組織の規模、文化、戦略、技術、プロジェクトマネジメントの成熟度、運営されるプロジェクトの数によってプロジェクトを取り巻く環境は大きく異なります。企業や組織ではプロジェクトが単体で運営され戦略の実現を目指している場合もあれば、複数のプロジェクトを運営し戦略の実現を目指している場合もあるかもしれません。複数のプロジェクトを運営し戦略の実現を目指す場合、それらのプロジートトを束ねる「プログラム」や「ポートフォリオ」にて効率的にマネジメントする場合があります。

「プログラム」とは一般的に戦略目標の達成を目指す複数の関連するプロジェクトや活動のグループです。「ポートフォリオ」とは一般的に戦略目標の達成を目指す複数のプログラムやプロジェクト、活動のグループです。これらのグループのマネジメントをそれぞれ「プログラムマネジメント」「ポートフォリオマネジメント」と呼びます。

「プログラムマネジメント」「ポートフォリオマネジメント」では戦略目標を達成するための効率的なマネジメントを目指し、プロジェクトやプログラム、その他の活動の指揮やコントロール、作業確認、優先順位付け、各種承認などを担います。会または皆さんが任されるプロジェクトの環境を確認してみてください。フログクーやポートフォリオの中に入っている場合、プログラムマネージャやポートフォリオマネージャとの連携が重要になってきます。

PMカテゴリの最新記事