AI事例をトコトン知る、業種別×活用タイプ別の45事例 #9

AI事例をトコトン知る、業種別×活用タイプ別の45事例 #9

はじめに

文系の皆さんがAI人材になるためのノウハウを投稿していきます。今回は業種別×活用タイプ別の45事例を紹介します。様々な事例を知ることで,新たなアイディアが生まれるかもしれません。それでは見ていきましょう!

  1. トライアル、独自生産のAIカメラでユーザー識別による販売促進と欠品補充(流通・小売)
    ローソン、Alによる新規出店判断(流通・小売)
    JINZ、似合うをAIでレコメンド(流通・小売)
  2. 三菱商事とローソン、AIでコンビを節電(流通・小売)
    ZOZO、AIを活用した「類似アイテム検索機能」で滞在時間4倍(流通・小売)
    LOHACO、チャットボット「マナミさん 」で5割の問い合わせに対応(EC・IT)
  3. 仏Heuritech、SNS画像からファッショントレンド予測(ファッション)
    米The take Al、動画内の服を検出して似たアイテムを表示。購入も可能に(ファッション)
    ストライプ、需要予測AIで在庫を8割まで圧縮
  4. ZOZOUSED、古着の値づけにAlを導入(ファッション)
    日経、100年分の新聞記事をAIで読み取り。精度95%(エンタメ・メディア)
    福岡ソフトバンクホークス、リアルタイムで価格が変わるAIチケット販売
  5. 中国国営メディア新華社、AI合成による女性アナウンサー(エンタメ・メディア)
    富士通、AIによる記事の自動要約システム(エンタメ・メディア)
    佐川急便、AIで配送伝票入力を自動化
  6. 日立製作所と三井物産、AIで配送計画するスマート物流(運輸・物流)
    京東(JD.com)、物流倉庫の自動化。人の10倍の処理能力(運輸・物流)
    NTTドコモ、Alタクシーを展開、93~95%精度で乗車予測(運輸・物流)
  7. トヨタ、自動運転と高度安全運転支援で二重に安全を確保(車・交通)
    LG、家電向けAIで生活を補助(製造・資源)
    ブリヂストン、AI工場で品質担保しタイヤを量産(製造・資源)
  8. JFEスチール、人物検知AIで作業者に安全を(製造・資源)
    大京グループ、AI管理員導入を計画(不動産・建設)
    西松建設、生活習慣を覚えるスマートハウスAI導入(不動産・建設)
  9. キューピー、AIによる原料検査装置で不良品を特定(外食・食品・産業)
    電通、天然マグロの品質をAIが判定(外食・食品・産業)
    ソフトバンク出資のPlenty、AI屋内農場で作物の風味調整(外食・食品・産業)
  10. LINE、レストランの予約対応を行なう日本語音声AIサービス(外食・食品・産業)
    京東(JD.com)、調理・配膳注文・会計までをロボットで自動化
    (外食・食品・産業)
    セブン銀行、顔認証AI搭載の次世代ATM
    (外食・食品・産業)
  11. JCB、保険営業をAIで支援 利用履歴から見込み客を絞り込む(金融・保険)
    みずほ銀行、AIを活用したパーソナライズドサービス検証(金融・保険)
    エクサウィザーズ、神奈川県と要介護度予測AIの実証
  12. Ubie、医療現場の業務効率化を図るAI問診(医療・介護・専門)
    Al-CON AIによる契約書レビュー作成支援サービス(医療・介護・専門)
    ソフトバンク、新卒採用業務でAIを利用し効率化(人材・教育)
  13. atama plus’ 1人ひとりの学習を最適化(人材・教育)
    イーオンら、英語発音をAIで評価(人材・教育)
    かんでんCSフォーラム、AIによるコールセンター呼量予測(コールセンター)
  14. トランスコスモス、退職予備軍を予測し、半年で離職者を半分に(コールセンター)
    カラクリ、正解率95%保証のチャットボット(コールセンター)
    ソネット、音声認識AIを導入しオペレーター業務を効率化(コールセンター)
  15. さいたま市、固定資産税調査に航空写真照合AIを利用(生活サービス・警備・公共)
    ALSOK、困っている人を自動検知するAI(生活サービス・警備・公共)
    日本気象協会、1時間単位での降水量予測(生活サービス・警備・公共)

 

事例25: キューピー、AIによる原料検査装置で不良品を特定(外食・食品・産業)

概要

  • キユーピーは、惣菜の原料となるカット野菜の検査にAIによる原料検査装置を活用
  • これまで人の目による検査は身体的負担が大きかった
  • ディープラーニングを活用した、画像解析による息良品選別のメカーニズムを採用
  • 良品を識別できるAIを作り、不良品を特定するアプローチで実用化を遂げた
  • いちょう切りのニンジンなどカット野菜の検査工程に導入
  • 「働く人にやさしい」工程に進化させる狙い

解決できること

  • 作業効率の向上
  • 従業員にやさしい職場作り

(出典)

キユーピー/AIを活用した原料検査装置を開発・導入

事例の4Wで分類してみる

What:どんなAI?

どんなAI? 食品原料検査AI
AIができること カット野菜の良品識別
AIによって解決されること 作業効率の向上
従業員に優しい職場作り

Who:誰のためのAI?

  • 具体的なターゲット→食品加工の工場スタッフ

Why:なぜAIが必要?

  • 不満を減らす
  • 作業時間を減らす

Which:どのタイプのAI

事例26:電通、天然マグロの品質をAIが判定(外食・食品・産業)

概要

  • 天然マグロの品質をAIが判定
  • 目利き職人によるマグロ品質評価とAIの評価が85%一致
  • マグロの目利きで一人前になるには約4000匹の目利きが必要とされている

解決できること

  • 熟練した職人業務の代行

(出典)

「水産加工業者がマグロの検品業務に使用したところ、判定結果の約%%が目利き職人の評価と一致した。職人の後継者が不足する中、勘と経験に基づく目利きの技術を後世に残す狙いがある。(中略)一人前,になるには約4000匹の目利きが必要とされ、最低10年はかかる」

「天然マグロ」の品質、AIが判定 職人の目利きと約85%一致

事例の4Wで分類してみる

What:どんなAI?

どんなAI? マグロ品質判定AI
AIができること マグロの品質判定(目利き職人との一致約85%)
AIによって解決されること 熱練した職人業務の代行

Who:誰のためのAI?

  • 具体的なターゲット→水産加工業者

Why:なぜAIが必要?

  • 便利を増やす

Which:どのタイプのAI

事例27:ソフトバンク出資のPlenty、AI屋内農場で作物の風味調整(外食・食品・産業)

概要

  • ソフトバンク・ビジョン・ファンドなどが2億ドルを投じる米Plenty社は、AIによる屋内農場を開発する農業スタートアップ
  • 屋内農場では、制御可能な30種類のパラメーターを用意
  • 700種類もの作物について、気候などの条件に合わせて最適なパラメーターを調整するAIを開発
  • AIによって野菜や果物の風味を調整
  • 生産性においても大きく改善。ある作物の収穫量の増分は過去300年間の収穫量の増分に匹敵する結果になった

解決できること

  • 農作物の風味の改善
  • 農作物の安定供給

(出典)

AIで野菜栽培、1年で300年分進歩した農業ベンチャー「プレンティ」の秘密

事例の4Wで分類してみる

What:どんなAI?

どんなAI? 屋内農場AI
AIができること 野菜や果物の風味を調整
生産量の向上
AIによって解決されること 農作物の風味の改善
農作物の安定供給

Who:誰のためのAI?

  • 具体的なターゲット→生活者

Why:なぜAIが必要?

  • 満足を増やす

Which:どのタイプのAI

まとめ

いかがったでしょうか。AIの活用事例をみてイメージは深まったでしょうか。次回も同様に,さまざまな分野の事例を掲載していきます。「予測系AI」「識別系AI」「会話系AI」「実行系AI」については、以下の記事でより詳しく解説していきます。

プログラミングカテゴリの最新記事