AI失業が不安… これからの働き方、AIと人の共働きを考える #2

AI失業が不安… これからの働き方、AIと人の共働きを考える  #2

はじめに

文系の皆さんがAI人材になるためのノウハウを投稿していきます。AIの技術が発展するにつれわたしたちの職業も失われていく中で,どうすればいいのかを考えていきましょう。

5つの「共働きスタイル」

実務現場でのAI活用が進むにつれて、人とAIのさまざまな分業のスタイルが生まれてきます。すべての業務がAIによって取って代わられるわけでもないですし、すべての業務を人だけで完結させていけるわけでもありません。人とAIがそれぞれどの領域で仕事を任し任されていくのかを、業務ごとでパランスをとっていく必要が出てきます。人とAIの分業パラン
スを、うまく業務内で設計できるかどうかが今後のビピジネスや店舗の生産性につながっていくのです。

人とAIの分業スタイルは大きく次の5パターンに分類することができます。

  1. 人だけで仕事をする「一型」
  2. 人の仕事をAIが補助する「T型」
  3. 人の仕事をAIが拡張する「O型」
  4. AIの仕事を人が補助する「逆T型」
  5. 人の仕事をAIが完全に代行する「I型」

今回は共働きスタイルの中から「逆T型」と「I型」を紹介します。

AIの仕事を人が補助する「逆T型」

人の仕事をAIが補助する「T型」と、人の仕事をAIが拡張する「O型」は共に、主に業務を行なうのは人でした。一方で、「逆T型」はAIがメインで業務を行なって、足りない部分を人が補助する分業スタイルです。

AIが業務のすべての工程を行なえたり、AIによるアウトプットが常に高い精度である場合は、AIが業務のほとんどを行なってしまう「I型型」に移行することができますが、多くの業務ではそうはいきません。


「逆T型」では、AIの業務を実行するために、事前の準備を人が行なったり、Aーのアウトプットを人がチェックし、一部補正をかけることで、AIの不完全さを補います。AIを人が支えるイメージを回転したTの文字で表しています。

この「逆T型」の業務例として、次の4つを紹介します。

  • データ入力業務
  • 電話応答業務
  • 運転業務
  • 運搬業務

たとえば、音声を文字に起こす業務をAIによって行なう場合、9割強の正しさで自動文字起こしをAIは実施してくれますが、完全に正しい文章にはなりません。

AIは新しい用語や特殊な用語は特に聞き間違いをしやすいので、大半の文字起こしはAIに実施させるとして、間違いのチェックや人力での修正を人によって行なうことにょって品質の高い文章を担保することになります。

また、電話応答業務もAIが得意になってきてはいますが、人の補助があってこそ対応品質を保つことができます。AIによる合成音声の品質は上がり、特に英語では、人の声と聞き分けるのが難しいほどになりつつあります。

また、お店の予約などの単純なやり取りであれば、AIでも対話内容を間違うことを少なくすることができます。ただし、イレギュラーな内容への対応やクレーム処理までをAIが完全に単独でこなせるわけではありません。

AI応答で対応しきれない場合に、補助ラインとしてスタンバイする人に引き渡す体制があることで応答品質を保つことができるでしょう。

「逆T型」の分業は、AIに大部分の業務は任せるものの、Aーの苦手を人がフォローするという役割分担でした。AIをうまく補助できるようにAIの仕組みを知り、たとえば

「これくらいの簡単な電話の受け答えならAIがこなせるが、イレギュラーな質問が来たときは対応ができない」
「AIは99%の安全性は出せるが、残り1%において大きな事故を起こしかねない」

など、AIの苦手をしっかり理解することがこの分業を行なうAI利用者には求められることになります。

人の仕事をAIが完全に代行する「ー型」

この型では、AIが中心になって業務を進めていきます。「I型」では、AIが人に頼らずに仕事を行なっている状態です。I型に該当する仕事は「AIによってなくなる仕事」になる可能性がある業務になります。AIが完全に人の代行をできる場合、この仕事は残念ながら先細りになるか、いずれはなくなってしまうことも考えられます。


この「I型」の業務は、人が価値を出すことが難しくなってくるでしょう。そうした業務の例は次のようなものとなります。

  • 注文·会計業務 → 小売店のレジ業務、飲食店の注文業務
  • 監視業務 → 異常検知·監視業務、不良品検出業務

今後は例に示した業務以外でもより多くの業務が「I型化」していくことが考えられます。

すぐに行動を。AI時代は「行動格差」の時代へ

ここまで紹介してきたような「人間とAIの共働き」が進んでいく中で、社会において大きな変化がいたるところに生じることが予想されます。大きな変化が起こる時代は、行動しないことがリスクになります。AI時代は「行動格差」の時代なのです。

「日本人は世界の他の国の人と比べて、よりAIへの不安を抱いている」ということを示唆している調査を前に紹介しましたが、日本人が先進国の中でAIについて突出して後ろ向きであることは、とても悲しいことです。

AIを積極的に使っていくため、とにかく行動を起こす日本人が増えないことには、国単位での行動格差も埋められません。変化を恐れて心配するのではなく、 1人ひとりがとにかく行動しましょう。「人間とAIの共働き」の時代を安泰に過ごすための唯一の特効薬です。そして、この変化の速い時代の中で、できるだけ早く今後とても重要になる「AIとの共働きスキル」を習得していきましょう。

プログラミングカテゴリの最新記事