スマホの危険性:皆さんのスマホは大丈夫ですか?

スマホの危険性:皆さんのスマホは大丈夫ですか?

今最も身近にるものはなんでしょうか、テレビやコンピュータ色々あるかと思いますが、何よりもスマートフォンではないでしょうか?この時期時ではそのセキュリティリスクについて、記載しております。

スマホの盗難、紛失

スマホ(スマートフォン)を電車の中などに忘れたりする方も少なくないと思います。悪用されずに発見できればよいのですが、忘れたスマホが手元に戻らなかったり、悪用されたりする場合があります。スマホの盗難·紛失に遭遇すると、連絡が取れなくなるというだけではなく、情報漏えいという新たなリスクが発生します。

こうしたリスクはいわゆるガラケー(携帯電話)でも存在しましたが、スマホの機能が高度になるのに伴って、スマホを介した情報漏えいのリスクが増大しています。

スマホを狙ったウイルス

いま、スマホは個人やビジネスで必須のツールとなっており、スマホを使用しない人を探すのが難しいくらいです。情報収集やコミュニケーション手段としての利用が拡大するのに伴って、新たなリスクが発生しています。

例えば、スマホでは、アドレス帳などに個人情報を登録していることから、セキュリティ対策を適切に講じていないと大きな問題が起きることがあります。また、スマホに様々なアプリ(アプリケーション)を導入することによって、多様なサービスを利用することができますが、導入したアプリに不正なものがあれば情報漏えいなどの被害につながってしまいます。

例えば、「the Movie」と呼ばれるアプリや、スマホのバッテリーの消費を節約するアプリをインストールして起動させると、スマホの住所録の個人情報が窃取されるといった被害が報告されています。このようなアプリは無料で提供されますが、「タダほど怖いものはない」ということでしょう。このようなウイルスの対策を講じるためには、スマホにもウイルス対策ソフトウェアを導入する必要があります。

写真や映像

スマホでは、写真や映像を簡単に撮影することができます。スマホで撮影した写真や映像には、個人的なもののほかに業務上のものも含まれるかもしれません。そして、その業務上の写真や映像には、企業秘密や顧客の写真などの情報も含まれることから、その取り扱いには十分に注意する必要があります。

また、スマホを使えば、写真や映像を簡単に撮影でき、そのまま簡単にSNS(Social Networking Service)などに投稿することができるので、写真や映像の投稿にパソコンとデジカメを使っていた時代に比較すると、写真や映像の漏えいなどのリスクが大幅に増大していると言えるでしょう。

位置情報

スマホでは、GPS(Global Positioning System :全地球測位システム)を使って位置情報を取得することができます。電車の乗り換え案内アプリやレストランなどの検索アプリを利用するときに、位置情報の取得をオンにしておけば、現在地を入力しなくても自動的にシステムに現在地が設定されますし、写真を撮影すると撮影場所の情報も同時に記録されるようになっています。

このように位置情報を活用すれば、スマホのアプリを効率的に利用することができます。しかし、従業員の位置情報を労務管理などのために利用しようとするときには、従業員のプライバシー確保に十分配慮しなければなりません。位置情報の利用目的を業務上必要な範囲に限定し、それを従業員に周知するとともに、目的外の利用を行なわないような取り組みが必要になります。

BYOD

BYOD(Bring Your Own Device)とは、個人所有のスマホを業務でも利用することです。多くの人が個人でスマホを所有していることから、企業などが業務用にスマホを購入し従業員に貸与しようとすると、従業員は、スマホを2台もたなければならなくなります。そこで、従業員が個人(プライベート)で所有しているスマホを業務でも利用できるようにしようという利用形態がBYODです。

しかし、BYODでは、個人が所有しているスマホの機種やOSがそれぞれ異なり、セキュリティ機能も異なることから、企業としてのセキュリティ水準にばらつきが発生してしまうというリスクがあります。また、個人所有のスマホには、アドレス帳に個人の知人・友人の指名、住所などが登録されているので、そのアドレス帳の管理を企業などが組織として行うことは難しくなります。

セキュリティカテゴリの最新記事