「メールでの無差別攻撃」スパムメールとは?

「メールでの無差別攻撃」スパムメールとは?

「メールでの無差別攻撃」を行うスパムメールの対策をご紹介します。

スパムメールとは?

スパムメール(spam email)のspam には、『新英和大辞典』(研究社)によれば「無差別に送りまくる」という意味があります。電子メールは、郵便と異なりコストをかけなくても簡単に多数の人々に送信することができるので、企業などのPRや商品の案内などに広く活用されています。電子メールが正しい送信元から送信されてくるものであれば、当該送信元に対して、送信を停止してもらうなどの対応をしてもらったり、メールの内容について問い合わせをしたりすることができますが、電子メールの送信元は簡単に偽ることができるので、近年では政府や地方自治体、大企業などになりすました不正な電子メールが大量に送信されています。

このような送信元を偽った不正なメールには、ウイルスを組み込んだファイルが添付されていたり、不正なウェブサイトへのリンクを張っていたりするので、注意が必要です。

スパムメールのリスク

スパムメールによって、企業など組織内にウイルスの感染が拡大してしまうと、業務遂行に大きな影響を及ぼすリスクがあります。その一方で、現代のビジネスパーソンにとって、電子メールを常にチェックし、必要な返信を行なうことは、業務を進めるうえでの前提となっています。したがって、スパムメールが大量に送りつけられてくると、スパムメールに紛れて正常な電子メールを見落とすことにもなりかねません。

スパムメール対策

このような厄介なスパムメールに対応するための対策としては、メールゲートウェイと呼ばれる機器を導入する方法が挙げられます。メールゲートウェイは、利用しているネットワークから別のネットワークに接続して、メールやデータの送受信を行なうための機器などです。このメールゲートウェイには、メールの送信元を偽っていないかどうかをチェックする機能をもつタイプもあるので、このような機能を有するメールゲートウェイを導入すれば、スパムメールをある程度防止することができます。

また、メールゲートウェイには、ウイルス対策機能をもつタイプもあるので、どのような機能を有するのかを把握したうえで、他の情報セキュリティ対策と組み合わせて導入すると効果的です。

セキュリティカテゴリの最新記事