紙データなどと違い、電子データの保存は量の点においては格段に行いやすいかと思います。しかし、電子データの容量にも限界があります。その際には安全にデータを削除などをして容量を増やす必要があります。この記事ではそのようなデータ削除をする際に気をつけることをまとめました。

データ廃棄はなぜ重要か?

バソコンやサーバには耐用年数があるので、一定期間を過ぎると必ずリプレイス(更改)を行う必要があります。リプレイスの際には、パソコンやサーバ内に保存されている、様々なデータやプログラムを適切に廃棄しなければいけません。ファイルを削除しただけでは、データやプログラムは完全に消去できないので、初期化したり、データ消去ソフトウェアを使用したりするなど特別な対応が必要になります。(なぜなら、データやプログラムの消去を適切に行なわない場合には、テータ復元用のソフトウェアを用いて復元することができ、削除したはずのデータを第三者に見読される可能性があるためです。

ハードウェア修理時のデータ廃棄

ハードウェア障害によって、ハードウェアの修理や、ハードディスクの交換などの必要性が発生するケースがあります。そうしたケースでは、修理や交換のためにハードディスクなどのハードウェアを自社の外部にもち出すことがあり、そのようなときにも、当該ハードウェアに記録されているデータが外部に流出しないようにデータを適切に消去する必要があります。ついついハードウェアの修理に関心が向いてしまいがちですが、そこに保存されたデータの消去を忘れないようにしなければなりません。

データ廃棄の方法

パソコンやサーバを廃棄する際には、データ消去用ソフトウェアでデータを消去する方法が多くの企業などで採用されています。また、パソコンやサーバのハードディスクなどを物理的に破壊する方法がとられることもあります。さらに、両者の方法を合わせて実施することもあります。データ消去の方法には、DOD方式やNSA方式と呼ばれる方法があり、DoD方式は米国国防総省規格の消去方式で、ハードディスクのデータを3回上書きしてデータを読めなくする方法です。一方、NSA方式は米国の国家安全保障局(NSA)が推奨するデータ消去方式で、乱数を2回書き込んだ後に0(ゼロ)で1回上書きする方法です。

こうしたデータ消去では何れの方式においても専用ソフトが用いられることになりますが、消去対象の領域にデータを乱数や0(ゼロ)に上書きしてデータを読めなくすることから、上書きのための時間がかかるという課題があります。上記方式のほかに、消磁方式と呼ばれる、消磁機器を用いてハードディスクなどのデータが保存されている部分の磁気を消去することによって、データが見読されないようにする方法もあります。これは、大きな電子レンジのような機器の中にノートパソコンなどを入れて電圧をかけてデータを消去するようなイメージです。

社内データの廃棄方法#2に続きます。